二十世紀梨はゴミ捨て場で見つかった・・・松戸覚之助という人が、明治21年にゴミ捨て場に自然に生えていた小さな梨の木を移植して育てること10年!明治31年に結実した。#雑学

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事