キリストの誕生日といえば誰も答えるのが「12月25日」ですが、ホントのところ聖書にはキリストがいつ生まれたのかとは書かれてません。それなのにキリストの誕生日が「12月25日」と言われるようになったのかというと、聖母マリアが「受胎告知」を受けたのが3月25日なので、後世の人がそれから丁度9ヶ月後を彼の誕生日を決めたかららしい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事